奈良市の近鉄大和西大寺駅近くの泌尿器科専門クリニックです。 健康に関する様々な問題に、泌尿器科専門クリニックならではの治療を提供いたしております。

ED(勃起不全)

  • HOME »
  • ED(勃起不全)

ED(勃起不全)とは

ED(イーディー:Erectile Dysfunction)とは「勃起機能の低下」を意味し、様々な原因によって起こる男性特有の病気です。
EDというと「完全に勃起ができない状態」に捉えがちですが、勃起に時間がかかったり、 勃起しても途中で萎えてしまったり(中折れ)して、満足な性交が行えるだけの勃起が得られない状態は、 いずれもED(勃起不全)の症状となります。

原因

EDの原因は、大きく分けて身体の問題(器質的障害)と心の問題(心理的障害)に分けられます。
身体の問題としては「加齢」が代表的な例です。「加齢」でのEDの原因のひとつに、血液の流れが悪くなる事(動脈硬化による血管障害)があります。男性生殖器への血液の流れが悪くなると当然EDになる確率も高くなります。
また、加齢によって糖尿病や高血圧などの生活習慣病を患う人が多いこともEDの危険因子になります。
糖尿病になると、血管が硬くなり、性的刺激による血管の拡張が妨げられます。そのため、健常者に比べ、EDを患う確率が2〜3倍高くなると言われています。
一方、高血圧症では、ストレスがかかった血管が損傷して硬く狭まり、男性生殖器の血流を抑えてしまうと考えられています。

上記のように年齢を重ねるごとに、EDになるリスクは高くなりますが、不規則な食生活、運動不足、暴飲暴食、喫煙など日頃の不摂生な生活が原因となって起こることも多く、最近は歳のせいだけではないことがわかっています。
普段の生活から生活習慣病の予防に努める事で、EDの予防にも繋がります。

心の問題でのEDは、ストレス・社会的不安(現実心因)・心の深層にある心理的原因(深層心因)が引き金となって起きます。 現実心因の代表的な例としては、パートナーの言葉に傷ついたり、結婚生活がうまくいかなかったり、生活上での疲れなど、原因に見当がつくものが現実心因になります。 深層心因は、日常生活上の心理的ストレスではなく、幼児期の体験や性的なトラウマなど、心の深層にある問題が原因となっている事が多く、原因の特定が難しいので、治療が長期間に渡り、難しいケースもあります。
EDの図

治療について

ED治療の代表的な流れとしては、診察(問診)を受け、簡単な検査をした後、症状に応じた「ED治療薬」を処方してもらうのが一般的です。特にED治療の場合は、問診にとまどうこともあるかもしれませんが、診察は触診ではありませんので、見られたり触られたりする心配もありません。問診は医師との雑談位に考え、リラックスして臨みましょう。その後、採血などの簡単な検査をし、内服薬を処方して様子を見ます。
糖尿病や高血圧症を患っている患者様においては、その治療も同時に行います。

治療法は、心理療法から手術まで、様々な方法がありますが、カウンセリングや検査の元、選択していきます。
基本的には経口薬で様子を見るのが最近の傾向で、現在使用できる経口薬は、身体の信号伝達経路に作用し、勃起を自然に起こすことができるものです。この薬剤自体は心臓に悪い影響は与えないと考えられています。
※ ニトログリセリンまたは硝酸剤による治療を受けている、または必要としている男性は服用できません。

医院情報 CLINIC INFORMATION

【 診療科目 】 泌尿器科 全般
【 アクセス 】 (電車でお越しの方)
 近鉄「大和西大寺」駅南口より徒歩約5分
(お車でお越しの方)
 阪奈道路より「菅原東」交差点を北に、
 直進約500mでローソンを左折してすぐ
【 診療時間 】
診療時間
午前 8:30〜12:30
午後 4:30〜 7:30
休診日:日曜、祝日、木曜、土曜午後